DIGI-LINKとは?

 近年におけるコンピュータテクノロジーの急激な発展には目を見張るものがあり、自動車の性能もそれとともに進化、向上しています。結果、車両全体に占めるコンピュータ制御の割合が高くなることで、カーセキュリティのみならず、カーナビゲーションを含むあらゆるアフターパーツの取付けが、非常に困難になっています。

 この制御システムをCAN–BUS(Controller Area Networkの略称)と言い、これはISO(国際標準化機構)の規格に準拠したシリアル通信によってデジタル信号に変換された複数項目の命令や制御を、一対の通信線で伝送する技術であり、車両の高機能化及び信頼性向上、重量増の軽減に対応するための次世代システムとして、今後輸入車・国産車を問わず、CAN–BUS通信を搭載する車両がますます増えると予測されます。

 DIGI–LINK®テクノロジーとはCAN–BUS通信のコマンドを解析する当社独自の技術です。
従来方法では取付困難な車両に対して、セキュリティシステムのインストールやナビゲーション取付に必要な信号取得を可能にしました。DIGI–LINK®テクノロジーにより、さまざまなメリットが生まれます。

  • ドア開閉信号やイグニッションON信号などの車両情報を一括で取得できます。
  • ドアロックやハザードランプのコントロールを可能にします。※一部車種除く。
  • セキュリティシステムのインストール時間を短縮(従来比)できます。
  • 取付後のトラブルや誤作動が大幅に減少します。

 カーセキュリティシステムに求められる市場のニーズを実現するためには、CAN–BUS
通信の解析とCAN–BUS通信を利用したシステムの開発が急務となっています。今後とも
DIGI–LINK®テクノロジーによる革新的な製品を提供してまいります。

DIGI-LINK

ホーム > SCIBORG > DIGI-LINK

DIGI∞LINK Technology

KIRAMEK, Inc.